スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Facebookの投稿のタイミングは?

私自身あまり何も考えないで投稿を行っています。ただ、最近やはりどうせ投稿したら、自分の投稿を見てもらいたいとか「いいね!」を押されたいというお話を聞きます。まして商用でFacebookに期待している人は、何か見てもらえる確率が上がる方法があるならばなんて考えるは、まあ人情ですね。投稿記事のタイミングを調べた記事です。参考になりますよ。

ガイアックスソーシャルメディアラボのブログ
【図表】Facebookのウォール投稿タイミングを決める前に見たい7個の調査結果|ユーザーはいつ?どのデバイスで?どういう使い方をする?
entry_0020.jpg
スポンサーサイト

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

facebookのファンとは?

Facebookファンとは、ブランドの顧客としてどういう人たちなのかを調べたようです。

ソシエタさんのブログより
【調査結果】Facebookファンの顧客価値の高さとその重要性
entry_0012_1.jpg
ただここでも最後に、書いてありますが、
Facebookのファンであることがブランド商品を買わせているのか、
もともとそのブランドの商品をよく買う人がFacebookのファンに
なるのかが判断できないようです。

その一つの意見として次のブログの記事があります。

mediologicさんのブログ
すでにファンだからファンになるのか。ファンになったからファンになるのか。
entry_0012_2.jpg

“Facebookは、顕在顧客の可視化に、最適であって、その結果、
ブランドに対して好意度が高いコミュニティができあがるため、
顕在顧客の周囲の人々を潜在顧客化する”

なるほど、納得しました。



Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

Facebookページでの運用試算をされた方がいました

これは、かなり読み応えがあります。
同じ方のブログですがFacebookで本当に儲かるのか、
というこの方独自の試算です。
基本かなり全国展開を試算なので、
地方の零細企業にそのまま当てはまりませんが、
大いに参考になると思います。

In the looop (イン・ザ・ループさんのブログ
本当に儲かるの?企業のFacebookページ運用収支を試算(全2回)
entry_0008.jpg

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

Facebook以前に考えるビジネスのあり方

矢張りというべきか、Facebookで儲けたいと考えるならば、
まず、事業がどうあるべきか考えないとダメといことですね。

Social Magician Makoto Sakataさんのブログ
Facebookで儲けたい!という中小企業ほど儲からない理由
entry_0007

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

ソーシャルメディア・コンサルタントにご注意!

実績を表すのに、友達の数とかフォロワーの数を評価するのではなく
具体的などのように販売を上げたのか、
どのように集客をしたのかの実績を見せてもらって
評価することが大切ですね。

おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?さんのブログ
誰でも簡単!「ソーシャルメディア・コンサルタント」のつくり方【悪用厳禁】
entry_0005

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

商売でFacebookを使用したほうがいいかどうか迷っている方へ

最近、Facebookを、半強制的に始めさせられる方に会いました。
当人はあまりよくわからないのですが、
「始めればつながって広がるから、、、商売になる」
っと説明を受けたようです。

はたしてそうでしょうか?

勿論、商売につながることはあります。
私も事実ありました。

基本、会社、団体、商店、個人経営どのような事業規模でも
事業の推進するために、営業戦略があることが前提ですよね。
その営業戦略の中には、大きく分けて純粋な営業活動、販売促進活動があります。
販促活動も純粋な営業活動に必要な販促物
(例えば、カタログ、パンフレット、チラシ等)があります。
また、営業活動の支援としての広報活動や宣伝活動があります。

その広報や宣伝の中にWeb戦略がある訳です。
そのWeb戦略の中にHPであったり、SNSがあるわけですね。
SNSの中にはFacebook、ツイッター、ミクシー、Youtube、等々。
つまりFacebookは大きな営業戦略の中の、ひとつの手段なわけです。

今、Web戦略ではSNSを利用したエンゲージメントは
大切な位置づけになっていることは否定しません。
また、Facebookを利用した活動によって
上手に運営されている方がいることも事実で素晴らしいと思っています。

それはあくまで、営業戦略がある程度見えたなかでの話だと思います。
当然、会社に営業専門の従業員がいない、販促物も、HPも予算がなく、
Facebookの仕組みを理解し、これだと思うのはアリだと思います。

Facebookで商売にはつながることもあると思っていますが、
それはHPが商売につながるとか、ブログが商売につながるということと
何ら変わらないと思ったほうがいいと思います。
最終的にはどのように考え、運営するかが大切と思っています。

Facebookの仕組みがよくわる説明がされています。
ホームページを作る人のネタ帳さんのブログ
「Facebookは儲かるそうなのでFacebookの始め方を教えて下さい」への返答
entry_0004

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

お友達から個人情報を守るために~Facebook~

ちょっと過激に書かれてますが、Facebookの個人情報の危険性を丁寧に説明ています。
個人情報は自分だけで守れる訳ではなく
Fcebook上のお友達にも注意していただけなければ
守っていけないといことです。

More Access,More Fun!」さんのブログ
自分の身を守りたければ、まずはFacebookのオバカ友人を整理すべし
entry_0003

Tag:Facebook  Trackback:0 comment:0 

自己紹介

NM_Memo

nm_ideamemo.jpg
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。